歯石の除去が大事なのはなぜ?

歯科での虫歯治療の際、歯石をとってもらった経験のある人も多いでしょう。なんとなくしてもらっているかもしれませんが、実は予防歯科として歯石を除去するためのメニューが用意されているくらい大切なものなんです。

そもそも歯石とは、細菌が多く含まれている歯垢が石のように硬くなったもののこと。歯垢を放っておくと2~3日で石灰化を起こし、歯石に変わります。歯の表面を舌で触ったときにでこぼこした感覚があれば歯石と考えていいでしょう。表面がでこぼこしているとさらに細菌がつきやすくなり、虫歯や歯周病が進行する…という悪循環が起きてしまいます。そこで歯科では、超音波による振動で歯石を砕いたり、歯茎を切開して歯周ポケットに入り込んでしまった歯石をとったりと、さまざまな方法で歯石をとってくれます。

この歯石をとると、虫歯や歯周病の予防になりますし、すでに歯周病が進行している場合でも治療がスムーズになります。歯石をとらないと歯茎の炎症が続き、赤くはれて出血が続いてしまうこともあるのです。歯茎のはれが引くと虫歯の範囲も分かりやすくなり、きちんとした治療ができるといったメリットもあります。

歯科で歯石をとる場合には、基本的に保険が適用されます。費用は3,000~4,000円くらいと考えておくといいでしょう。この費用には、虫歯や歯周病の検査、口内のレントゲンを撮る検査なども含まれているのが一般的です。歯石が多くたまっていると何度か通院する必要があるため、その分だけ費用がプラスされると考えておいてください。

施術中、「歯が削れているのでは?」「甲高い機械の音がどうしても苦手」など不安に感じる方もいるでしょう。ですが、歯科衛生士がいくつもの専用器具を使い、傷みを最小限に抑えながら安全に行ってくれるものなので、そこまで心配する必要はありません。歯科衛生士というのは国家資格。こちらの学校のような歯科衛生士専門の学校を卒業していないとなることができません。そのため、知識や技術の点に関しても安心です。

歯周病が悪化すると歯が抜けてしまい、食生活や会話に支障が出てしまいます。また、糖尿病や肺炎などの原因になるとも言われています。口内だけではなく、全身に悪影響をもたらすことがあるのです。歯石除去をこまめに行い、歯周病予防に努めておいて損はありません。

af9920060568w